安心・安全で、
サステナブルな移動体験を

ADAS(先進運転支援システム)やEV(電気自動車)の発展は、安心・安全でサステナブルなモビリティ体験を可能にします。なかでも、車体や周囲の状況を検知するセンサの役割はますます高まっています。TDKのInWheelSense™は、タイヤの回転を利用して発電すると同時に、路面やドライビングの状況をリアルタイムで検知できます。次世代通信システムと連携することで、車両対車両、車両対インフラなどのV2X(Vehicle to Everything)通信もサポートします。

自動車がV2X通信を通じて、他の車両などとつながることで、周囲の状況を検知したり、外部に情報を伝達したりすることで、より安全な走行が可能になります。
タイヤに設置するTDKの小型センサソリューションInWheelSense™は、センサによって走行中の路面や車両の状況を検知し、安心・安全な走行をサポートします。
TDK Technologies

センサを通じて、自動車を未来へ進めたい

TDK株式会社
コーポレートマーケティング&インキュベーション本部
髙見 健太

InWheelSense™は、センシングの技術、エッジコンピューティング、安定した接続性、電力の自己生成機能。これら4つの技術によって可能になった、テレメトリ(遠隔測定)ソリューションです。

InWheelSense™は、センサをタイヤホイールに設置することで、タイヤと路面の間に起きる相互作用について、リアルタイムでデータを収集・処理し、これまでにないデータの活用を実現します。センサが収集したデータは、Bluetoothによって車両とクラウドに接続された機器に直接送信され、ディスプレイや警告灯に表示するために使用可能な形式に処理されます。

このシステムを実現する上での最も大きな課題は電力供給でしたが、TDKは、タイヤの回転を利用して電力を生み出す仕組みを開発しました。このInWheelSense™を活用することで、未来の自動車では、より高度な運転支援や自律走行の安全システムを実現することが可能になります。

Megatrends

EV、コネクテッドカーを
はじめ、
モビリティのカタチは
大きく進化する

エンジン車からEVへのシフトは、環境にやさしい脱炭素社会に向けた世界的なトレンドです。また、安全・安心、省電力、快適なモビリティを目指して、さらなる電動化やデジタル化が進んでいます。インターネットを通じてつながるコネクテッドカーや、さまざまなセンサを活用したADAS(先進運転支援システム)や自動運転など、さまざまなイノベーションがオートモーティブの世界に押し寄せています。

近未来の自動車は、Beyond 5GやIoT、AI技術とも協調し、エアタクシーなどの空飛ぶ自動車の開発も進むなど、人と自動車の未来は新たな進化ステージに向けて加速しています。

SDGs7
SDGs9
SDGs13

Product Center

製品についてもっと知りたい方はこちら