公開日: 2022年6月30日

壊れる前に異常を予知。
機器メンテナンスの常識を変える
超小型センサモジュール

工場をはじめとする生産現場では、機械・設備の異常を未然に防いで、ダウンタイム(停止時間)を抑えることが求められます。壊れてから対応するのではなく、異常を予知し、事前にメンテナンスすることで、生産性を高めることができます。こうした「予知保全」を簡単に行うためにTDKが開発したのが、世界ではじめてエッジAIに対応した超小型センサモジュール“i3 Micro Module”です。