株主・投資家情報 | IRイベント | 決算説明会

[ 2016年3月期 第2四半期 決算説明会 ]2016年3月期 上半期 連結業績概要

株主・投資家情報 | IRイベント | 決算説明会

[ 2016年3月期 第2四半期 決算説明会 ]2016年3月期 上半期 連結業績概要

執行役員 山西 哲司

執行役員 山西 哲司

山西でございます。本日はご多忙のところ、当社2016年3月期上半期の決算説明会に多数お集まりいただきまして、誠にありがとうございます。それでは、私から連結業績概要についてご説明いたします。

2016年3月期 上半期決算のポイント

2016年3月期 上半期決算のポイント

まず、この上半期の決算のポイントでございますが、売上は半期ベースで過去最高の5,876億円となり、営業利益については前年同期から63パーセント増加し456億円となりました。
受動部品が引き続き好調に推移しているスマホを中心としたICT市場、及び自動車市場の需要を確実に取り込み、売上及び営業利益が半期ベースで過去最高を更新、営業利益は前年同期比約1.9倍の増益となり、全社業績を大きく牽引しております。スマホ市場の成長スピード減速も見られますが、端末の高機能化に伴う一台当たりの部品搭載点数の増加もあり、高周波部品を中心に旺盛な受注状況が続いています。
また、フィルム応用製品につきましても、北米の主要顧客のスマホ新型端末の発売に合わせ能力増強しフル生産で対応、また韓国・中国得意先向け拡販効果も大きく実現し、半期ベースで初めて売上1,000億円を突破、前年同期比で売上は約1.8倍、営業利益は約3倍の大幅増収増益となり、受動部品と合わせ業績の柱として全社の増収増益に大きく貢献しております。
一方、磁気応用製品については、PC市場悪化の影響により第1四半期は大幅な在庫・生産調整が入り、その反動もあり第2四半期ではHDDヘッドの出荷数量もある程度戻ったものの、当初想定レベルを下回り、またマグネットにおいても同様にハードディスクドライブ用磁石の販売がPC市場悪化の影響を強く受け、前年同期比減収減益となりました。
PC市場の需要鈍化が磁気応用製品の収益に大きな影響を与えておりますが、受動部品及びフィルム応用製品の収益拡大がその影響を吸収するばかりか、更に全体業績を底上げできる構造になってきており、上半期において456億円の営業利益を計上することができました。

2016年3月期 上半期連結業績概要

2016年3月期 上半期連結業績概要

次に、上半期の業績概要についてご説明いたします。
当上半期につきましては、売上高5,876億円で前年同期比853億円、17パーセントの増収となりました。営業利益は456億円、前年同期比177億円、63.4パーセントの増益、営業利益率は7.8パーセントで2.2ポイント増加しております。税引き前利益は441億円となり、167億円、60.9パーセントの増益、当期純利益は315億円、74.0パーセントの増益となっております。
この結果、一株当たりの利益は249円69銭となりました。当上半期の平均為替レートは、対ドルで121円80銭、18.2パ ーセントの円安、対ユーロで135円11銭、2.8パーセントの円高となりました。
これによる為替変動による影響額ですが、売上高で約788億円の増収、営業利益では約142億円の増益となっております。為替の感応度につきましては、これまでと同様の円とドルの関係におきまして1円の変動で年間営業利益が約14億円の影響と試算しております。

上半期各事業の状況(受動部品事業)

上半期各事業の状況(受動部品事業)

続きまして、当上半期セグメントの状況についてご説明いたします。まず受動部品ですが、売上高が2,980億円、前年同期比18.3パーセントの増収、営業利益は324億円、前年同期比88.4パーセントの増益、営業利益率が10.9パーセントと大幅に収益性が改善し、安定的に二桁利益率を稼ぐ体質になっています。重点市場と位置付けているICT、 自動車、産業機器の3分野で総じて好調に推移し、受動部品の全製品におきまして前年同期に比べて増収、増益となっております。
セラミックコンデンサは、全体の約半分を占める自動車市場向け販売が堅調に推移し増収増益、また生産性改善も進み収益性改善も進んでいます。
インダクティブデバイスにつきましても、売上の約4割を占める自動車市場向け販売が堅調に推移、スマホ向け販売も増加し前年同期比5パーセントの増収となり、品種構成の良化も伴い増益となりました。
高周波部品は、スマホ需要の拡大を見据え能力増強投資を実施してきた効果が大きく貢献し、中国及び北米スマホ向け需要を効果的にとらえ、ディスクリート製品を中心に販売を伸ばし大幅増収、生産性改善効果も拡大、品種構成の良化も伴い大幅増益となり、全社の収益を牽引しています。
圧電材料部品につきましては、中国スマホメーカー向けカメラモジュール用OISの販売が増加しており、増収増益となっております。

上半期各事業の状況(磁気応用製品事業)

上半期各事業の状況(磁気応用製品事業)

続きまして磁気応用製品事業でございますが、売上高が1,646億円、前年同期比5.6パーセントの減収となり、営業 利益は82億円で前年同期比約半減し、営業利益率は5.0パーセントと大幅に減益となりました。
記録デバイスについては、Windows XP買替特需があった前年同期に比べPC需要が大きく落ち込み、第1四半期に大幅な在庫、生産調整が発生、その反動で第2四半期にはHDDヘッドの出荷数量は一定レベルまで回復したものの、当初想定したレベルに対して下回る結果となり、HDDヘッドの出荷数量は前年同期比約20パーセント程度減少し6.1パーセントの減収となりました。データセンター向け需要は引き続き堅調に推移しているものの、PC需要減によりハードディスクドライブの生産台数は中期的に逓減していく前提に立ち、付加価値の高い製品開発の加速、及び生産効率最大化による収益確保を進めております。
マグネットにおいても、記録デバイス同様にPC需要の落ち込みによりハードディスクドライブ用磁石の販売が低調で大幅に減収となりました。営業利益については、生産数量減少に伴う稼働率の低下や、レアアース備蓄材料の相場 単価下落による在庫評価損発生、また118期末に実施した中国工場集約の際備蓄した製品在庫がモデル終息により落丁処分が発生したことなど、一時費用の発生も相まって大幅減益となりました。ハードディスクドライブ生産台数逓減の中、生産販売数量拡大に向けて自動車や産業機器向け製品の拡販を進め、収益性改善を加速してまいります。
電源については、FA機器や計測機器等産業機器向け販売が堅調に推移しており、増収増益となっております。

上半期各事業の状況(フィルム応用製品事業)

上半期各事業の状況(フィルム応用製品事業)

続いて、フィルム応用製品ですが、売上高が半期ベースで初めて1,000億円を突破し1,073億円、前年同期比79.7パーセントの大幅増収となりました。営業利益は164億円、前年同期比約3倍となり、営業利益率も15.3パーセントとなりました。
二次電池において、スマホ市場における二次電池のポリマー化拡大を見据え、特徴ある製品開発や製造プロセス改革を進め、生産能力増強を適時に実施してきた効果が実現しており収益拡大が続いています。北米主要顧客の新型端末の大きな需要に対してフル生産で対応、またその他スマホメーカー向けのリチウムポリマー電池採用拡大により、収益基盤の拡大と収益性の向上につながっています。

営業利益の増減分析

営業利益の増減分析

続いて、営業利益の増減分析です。177億円の増益の要因ですが、まず操業度、品種構成を含めました売上増加により約184億円が増益要因としてあげられます。HDDヘッドやマグネットの販売数量減少による減益影響があるものの、高周波部品やインダクティブデバイスを中心とした受動部品、並びに二次電池の販売がスマホ向けに大きく増加 したこと、また収益性の高い製品の構成が増加したことが主な要因です。
次に売価下落ですが、これにより約295億円の減益要因となりました。
円安による為替影響により約142億円の増益。合理化コストダウンでは高周波部品や二次電池でプロセス改革により、効率のアップや歩留り改善が進み原材料の値引きと合わせ192億円の増益要因となっております。構造改革効 果は14億円です。
販売費及び一般管理費の増加で60億円の減益要因となっておりますが、これは主に新製品開発やプロセス開発、また、モノづくり改革を推進する為の研究開発費増加が主な要因です。

2016年3月期 第2四半期連結業績概要

2016年3月期 第2四半期連結業績概要

続いて、第2四半期の連結業績概要についてご説明いたします。
売上高は3,081億円で前年同期比16.4パーセントの増収となり、四半期ベースでも過去最高を更新しております。
営業利益については274億円、前年同期比49.7パーセントの増益となりました。純利益は184億円、48.4パーセントの増益となっております。

セグメント別四半期実績

セグメント別四半期実績

続きまして、第1四半期から第2四半期のセグメント別売上及び営業利益の増減要因についてご説明いたします。まず、第1四半期にもご説明しましたが、受動部品及び磁気応用製品の一部製品を、今期より「その他」に区分変更しております。その影響額は、前期第2四半期の「その他」において売上が19億円の増加、営業利益はほとんど影響ありません。
セグメント毎に見ていきますと、まず受動部品セグメントですが、売上は1Qから24億円、1.6パーセント増加しております。コンデンサは自動車向けにMLCCが堅調、また再生可能エネルギー等産業機器向けのアルミ・フィルムコンデンサの販売が堅調に推移しています。インダクティブデバイスの売上は、1Qから7億円、1.8パーセントの増加となりました。スマホ向けなどICT市場向け販売の増加、及び自動車向け販売も堅調に推移しています。次にその他受動部品の売上ですが、13億円、1.8パーセントの増加となりました。中国スマホ需要が引き続き好調に推移していることに加え、北米の主要顧客の新型端末の立ち上げにともなう需要のピークに対して、高周波部品のディスクリート製品がフル生産で対応しており、大幅増収となっております。圧電材料部品については、中国スマホメーカーに対してOISの販売が増加しております。
受動部品の営業利益については、1Qの150億円から24億円増加し174億円となりました。スマホ向け販売増加による数量増加や品種構成の良化、更に生産効率改善等合理化コストダウンにより、営業利益率も1Qの10.1パーセントから2Qは11.6パーセントに更に改善しております。特に高周波部品は数量の拡大に加え生産性の改善が更に進み、受動部品全体の収益底上げに大きく貢献しています。
次に、磁気応用製品セグメントですが、売上は1Qから59億円、7.4パーセントの増加となりました。記録デバイスの売上が1Qから61億円、11.2パーセント増加しましたが、PC需要の減少に伴う1Qの大幅な在庫、生産調整から2Qに 回復するとみていた想定レベルには届きませんでした。一方データセンター用ニアライン向けHDDヘッドの出荷は堅調に推移しています。以上の結果、HDDヘッドの出荷指数は1Qの76から前回90前後と想定していた2Qの実績は86となりました。3Qは2Qとほぼ横ばいと想定しています。その他磁気応用製品の売上は、1Qから2億円、0.8パーセ ントの減少となりました。マグネットの売上がPC需要減少によりHDD向けなどで減少しております。磁気応用製品の営業利益は、記録デバイスではHDDヘッドの販売数量の増加により増益となっておりますが、マグネットにおいて販売数量減少による稼動損や、先ほどご説明しました一時費用の発生により大幅に収益が悪化しております。
次に、フィルム応用製品セグメントですが、売上は1Qから209億円、約1.5倍の増加となりました。北米主要顧客の新型端末向けの生産が2Qより本格化しておりフル生産で対応、またその他中国及び韓国スマホメーカー向けのリチウ ムポリマー電池の採用拡大もあり、大幅に売上拡大しております。営業利益についても1Qの47億円から69億円増加し116億円となりました。数量増加に加え、プロセス改革による製品コストダウンが売価値下げを吸収し、収益力を高めています。
以上、私からの説明とさせていただきます。どうもありがとうございました。

Recommendations

  •  
  •  
  •