サステナビリティ | 環境生物多様性への姿勢

豊かな自然、多彩な生態系を守るために

TDKでは生物多様性の重要性を認識しており、製品の原材料から廃棄に至るサプライチェーン全体を通して、環境負荷の少ない操業に努めています。地域と連携した生態系修復活動や、自然の循環を乱さないサーキュラーエコノミーへの取り組みも推進しています。
当社は、従業員一人ひとりが、生産活動に伴う環境への影響や企業活動と環境との関わりを考え、豊かな地球環境の保全に努めていくとともに、2018年4月に改定したTDK環境憲章の中で、生態系保全への寄与を常に考え、積極的に取り組むことを明記しています。

関連情報

電機・電子業界における生物多様性の保全にかかわる行動指針について

TDKは、2015年3月に電機・電子4団体環境戦略連絡会生物多様性ワーキンググループにより策定された「電機・電子業界における生物多様性の保全にかかわる行動指針」(第2版2018年8月発行)に賛同し生物多様性保護活動を進めています。

  • ※一般社団法人日本電機工業会(JEMA: Japan Electrical Manufacturers' Association)
  • ※一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA: Japan Electronics and Information Technology Industries Association)
  • ※一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ: Communications and Information network Association of Japan)
  • ※一般社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会 (JBMIA:Japan Business Machine and Information System Industries Association)

関連情報

活動事例紹介/グローバル各拠点における生物多様性保全の取り組み

植林活動(インドネシア)

インドネシアにあるTDKのバタム工場(PT TDK Electronics Indonesia)では、様々な植林活動を通して集水域の改善や動植物の生息地拡大に貢献しています。

荒野への植林
荒野への植林
荒野への植林

同工場では、「TREE FOR LIFE」をテーマに、地域社会と連携したマングローブ植林プロジェクトも継続的に展開しています。参加者は、植林と同時に清掃活動も実施しました。この活動は、従業員の生物多様性に対する意識向上につながっています。

マングローブ植林プロジェクト
マングローブ植林プロジェクト
マングローブ植林プロジェクト

Recommendations

  •  
  •  
  •