サステナビリティ | TDKグループのサステナビリティ | CSR重要課題(マテリアリティ)技術による世界への貢献

技術による世界への貢献

CSR重要課題(マテリアリティ)特定の背景

自社における重要性

2018年度からスタートした中期経営方針における自動車、ICT、産業機器・エネルギーの重点3市場を中心に、独自の技術開発による新規事業の創出とモノづくり革新を通じて、社会課題の解決に貢献できる製品を提供し、持続的な企業価値の向上を図る重要性を認識しています。

ステークホルダーからの期待

TDKのコアテクノロジーを通じた気候変動への対応、特に、省エネルギーや再生可能エネルギーなど、低炭素社会実現に向けた独自の技術開発や新たな製品の普及促進が期待されていると認識しています。

基本的な考え方

「技術による世界への貢献」は、TDKの事業を通じた社会への貢献であり、自動車、ICT、産業機器・エネルギーを中心とした注力市場における独自の技術開発・提供を通じて、省・蓄・再生エネルギーの実現などの社会課題解決を目指すことです。また、高い技術力に基づき、材料から製造まで一元管理した生産プロセスによる「ゼロディフェクト品質(不良品ゼロ)」を追求する姿勢は、今後も変わることなく、高品質な製品・サービスの提供を通じて、社会の発展に貢献し続けます。

トピックス

幸せな未来社会の実現に向けて、TDKは技術・製品を通じてSDGsの6つのゴール、「3 すべての人に健康と福祉を」「7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに」「9 産業と技術革新の基盤をつくろう」「11 住み続けられるまちづくりを」「12 つくる責任つかう責任」「13 気候変動に具体的な対策を」に事業を通じて取り組んでいます。 これらは、私たちを取り巻く社会課題の解決を起点に考えたときに、TDKの技術・製品の可能性や価値を最大限に提供できると考えられる領域です。課題解決がなされた理想とする社会を描き、TDKが持つ技術や製品をさらに進化させ、幸せな未来社会の実現を目指します。

トピック1
TDK Electronicsのバリューチェーンを通じたSDGsへの挑戦

TDK Electronicsは社会と環境に対する責任に真摯に向き合っており、世界各地の拠点で省エネを進め、資源の消費をより一層削減するためのプロジェクトを実行しています。また、私たちのテクノロジーやソリューションが国連の持続可能な開発目標(SDGs)を指針とした、社会・経済・環境に関する国際的な目標達成に貢献できるという従業員への意識啓発にも力を入れています。

TDK Electronicsの製品は主に産業機器や家庭用電化製品、娯楽用電子機器、スマートフォン、ウェアラブル機器、医療機器にも使用されていますが、中でも多く使用されている自動車においては、車両をよりクリーンで安全かつ快適にすることに役立っています。また、太陽光発電や風力発電をはじめとする再生可能エネルギー設備や、送電距離が長距離でも低損失の高圧直流(HVDC)送電設備などにも重要部品を供給しており、多くの部品やソリューションで最終製品におけるエネルギー消費の削減に貢献しています。
開発の段階でも、環境負荷のできるだけ少ない材料を選択、導入することにも配慮しています。さらに、一層の軽量化と小型化に徹底して取り組むことで、生産と輸送の両面での環境負荷を削減しています。このようにバリューチェーンを通じた取り組みで、TDK Electronicsでは、TDKグループが「技術による世界への貢献」を目指して特に重視する6つのSDGs目標(目標3、7、 9、11、12、13)に貢献しています。

自動車のシートヒーター使用中にシート温度を測定する特殊NTCサーミスタの製造は、現在完全に無鉛化しています。鉛を含めないことで、融点を大きく下げて製造することが可能となり、インドネシアのバタム島にある生産拠点では、槽の温度を約100℃下げることで、大幅な省エネルギーを実現しました。

SDGs 12.つくる責任 使う責任
SDGs 13.気候変動に具体的な対策を

Heiner Simgen
Product Marketing Manager
Temperature & Pressure Sensors Business Group
TDK Electronics

Heiner Simgen

自動車、スマートフォン、タブレットのタッチスクリーンなどに使用される新製品のPowerHap 15 Gは、高品質な触覚フィードバックを提供する積層圧電セラミックプレートをベースに構成されたピエゾアクチュエータ※です。この革新的部品は、クリック1回あたりの消費電力を94%削減しました。また大幅な軽量化と小型化により、使用中のエネルギー消費も従来製品より約90%低く抑えることに成功しました。

  • 加えられた力を電圧に変換する仕組み
SDGs 12.つくる責任 使う責任
SDGs 13.気候変動に具体的な対策を

Dr. Andreas Pentscher-Stani
Head of Product Development Piezo
for PowerHap, Piezo Listen and Medical Products
Piezo and Protection Devices Business Group
TDK Electronics

Heiner Simgen

生産と管理の面でも、TDK ElectronicsはSDGsの達成に取り組んでいます。たとえば、再生可能エネルギーを使用する工場は増加し続けており、すでにドイツの全工場とオーストリア、ブラジル、アイスランド、ハンガリーの工場に加え、クロアチアの委託製造業者がグリーン電力へ切り替え済みです。TDK Electronics全体の消費電力のうち再生可能エネルギーが占める割合は、3分の2を超えています。この割合は、今後グリーン電力に移行する工場を増加させることでさらに上昇する見込みです。また、推進中のプロジェクトが複数あり、その一つであるインドのナーシク工場では、設置面積が11,000平方メートル近くある太陽光発電設備を稼働させています。これにより、同工場ではエネルギーコストを節約しながらCO2排出量を年間約1,100トン削減することを目指しています。その結果、コストダウンと環境への配慮を両立した生産が可能になる見込みです。

SDGs 7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
SDGs 12.つくる責任 使う責任
SDGs 13.気候変動に具体的な対策を

トピック2
多くの可能性を秘めたセンサ技術による
安全かつ健康で、より快適な世界に向けたInvenSenseの取り組み

Dr. Peter Hartwell

Dr. Peter Hartwell
Chief Technology Officer
InvenSense

InvenSenseは、独自のセンサ技術を活かし、社会・環境課題の解決に挑戦し続けています。センサは物理的な現象を捉えてデータに変換する装置であり、物理的な世界とデジタルの世界を橋渡しするものです。私たちは高度な技術により、小型で低電力、低コストかつ多種多様なデバイスに組み込めるスマートセンサを社会に送り出してきました。また、私たちのソフトウェアチームは複雑なアルゴリズムをコード化して、センサのパフォーマンス向上や、お客様へ新しいアプリケーションとユーザーエクスペリエンスを提供しています。
環境や化学物質のモニタリングはもちろんのこと、センサの活用で単調な作業の自動化が進めば、より重要な仕事に人の手を回すことができ、労働生産性の向上やワークライフバランスの実現に寄与します。ほかにも、人の行動のセンシングやトラッキングを通じてメンタルヘルスを管理したり、自動運転車への活用で安全性を高めるなど、私たちのセンサ技術の可能性は広がっています。
デジタルトランスフォーメーション(DX)による社会変革という大きな潮流においても、収集したデータを分析し、知見を蓄積するスマートセンサの存在が欠かせません。TDKグループでは、「技術による世界への貢献」を目指してSDGsの6つの目標(目標3、7、9、11、12、13)に重点を置いていますが、InvenSenseの技術はこれらすべてに貢献できるものと考えています。

現在試作品の開発が進められている事例として、当社のセンサを搭載したサーフボード用の装置があります。サーフィンを行う間にこの装置を通じて海水の化学的性質や水温を測定し、得られた情報を気候変動への対応に活用することを目指しています。

SDGs 9.産業と技術革新の基盤を作ろう
SDGs 13.気候変動に具体的な対策を

現在、街灯は夜間常時点灯していますが、運動・人感センサを街灯に搭載すれば、周囲に人がいないときは暗く、人がいるときは明るくするなど状況に応じた動きが可能になります。こうしたスマート街灯への移行は、エネルギーの総使用量の大幅な削減にも貢献します。今後、究極的にはセンサに機械学習機能を組み合わせていくことで、DXの流れを加速させることにもつながると考えています。

SDGs 11.住み続けられるまちづくりを
SDGs 12.つくる責任 使う責任

InvenSenseは、製品の低電力化や低コスト化、小型化を追求し、より高いレベルで課題解決に寄与していきたいと考えています。材料・工程における環境配慮や、製品の長寿命化、リサイクル性の向上を目指した全製造工程とライフサイクルの見直しもその取り組みの一環です。 今日、企業が社会・環境に対して果たす役割に注目が高まる中、事業成長と社会のサステナビリティを両立させていくことはもはや不可欠であり、それを踏まえた事業計画の策定が求められています。先進技術を提供する企業として、InvenSenseは現在のお客様はもちろん、将来世代のために、世界をより安全で楽しく、人々が健康に暮らせる場所へと変えていきます。

SDGs 7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
SDGs 12.つくる責任 使う責任
SDGs 13.気候変動に具体的な対策を

Recommendations

  •  
  •  
  •