ニュースセンター | プレスリリース

電子部品の持続可能な成長のための事業運営体制構築について

  • 電子部品のモノづくり力の強化とさらなる業務効率化を行い、世界のエレクトロニクス産業を支える製造会社をめざします

2021年 12月22日

TDK株式会社(社長:石黒 成直)は、このたび、当社の電子部品を扱う電子部品ビジネスカンパニー(CEO:生嶋 太郎)において、関連する製造子会社の再編を行い持続可能な成長を実現するための事業運営体制を構築し、さらなるモノづくり力の強化と業務の効率化を行うことを決定しました。

詳細は以下のとおりです。

1.国内3子会社の統合について

現在、電子部品ビジネスカンパニーには、3社の国内製造子会社がありますが、これら3社を1社に統合し、各社が保有する生産技術や製造ノウハウを共有し、一貫体制を構築することでさらなるモノづくり力を強化してまいります。
また、本統合を通じて各拠点での業務効率化を図るとともに、日本における電子部品の製造を一手に担い、世界のエレクトロニクス産業を支える一大製造会社として、従業員のエンゲージメントをさらに高めていくとともに、統合会社が保有する全15拠点において各地域内外からの採用活動も積極的に実施いたします。これらの施策を通じ、持続可能な成長を実現するためのサスティナブルな事業運営を強化してまいります。
なお、統合会社の商号はTDKエレクトロニクスファクトリーズ株式会社といたします。

2.統合する会社

TDK秋田株式会社(秋田県由利本荘市)
TDK庄内株式会社(山形県鶴岡市)
TDK甲府株式会社(山梨県南アルプス市)

3.統合会社の概要

社名 TDK エレクトロニクスファクトリーズ株式会社
(英文名称TDK Electronics Factories Corporation)
所在地 秋田県由利本荘市
代表者 代表取締役社長 林 隆司
資本金 200百万円
統合年月日 2022年4月1日
主な事業 各種電子部品の開発、製造
従業員数 約6,700名
出資比率 TDK株式会社:100%

TDK株式会社について

TDK株式会社(本社:東京)は、スマート社会における電子デバイスソリューションのリーディングカンパニーを目指しています。 独自の磁性素材技術をそのDNAとし、最先端の技術革新で未来を引き寄せ(Attracting Tomorrow)、社会の変革に貢献してまいります。
当社は各種エレクトロニクス機器において幅広く使われている電子材料の「フェライト」を事業化する目的で1935年に設立されました。主力製品は、積層セラミックコンデンサ、アルミ電解コンデンサ、フィルムコンデンサ、インダクタ、フェライトコア、高周波部品、ピエゾおよび保護部品等の各種受動部品をはじめ、温度、圧力、磁気、MEMSセンサなどのセンサおよびセンサシステムがあります。さらに、磁気ヘッドや電源、二次電池などです。これらの製品ブランドとしては、TDK、EPCOS、InvenSense、Micronas、Tronics、TDK-Lambdaがあります。
アジア、ヨーロッパ、北米、南米に設計、製造、販売のネットワークを有し、自動車、産業電子機器、コンシューマー製品、そして情報通信機器など幅広い分野においてビジネスを展開しています。2021年3月期の売上は約1兆4790億円で、従業員総数は全世界で約129,000人です。

報道関係者の問い合わせ先

担当者 所属 電話番号 Email Address
大須賀 TDK株式会社
広報グループ
(03) 6778-1055 pr@jp.tdk.com

Recommendations

  •  
  •  
  •