ニュースセンター | プレスリリース

EMC対策製品: 車載PoC用ノイズサプレッションフィルタMDFシリーズの開発と量産

  • 高周波のアイソレーション及び放射ノイズ(0.7~2.4GHz)対策に貢献
  • 125℃の定格電流が最大400mAで1000Ω以上(@900MHz)を1005形状で実現
  • 良好なインピーダンスの直流重畳特性
  • AEC-Q200準拠
EMC対策製品: 車載PoC用ノイズサプレッションフィルタMDFシリーズの開発と量産

2020年12月15日

TDK株式会社(社長:石黒 成直)は、車載PoC用ノイズサプレッションフィルタ 「MDF1005シリーズ」を 開発し、2020年12月から量産することを発表します。

本製品は、PoCの高周波帯域である700MHz~2.4GHzで良好なインピーダンスの直流重畳特性を有しており、通信インターフェースのアイソレーションやノイズ対策にも最適な製品です。L:1.0 x W:0.5mmの小型形状でありながら、125℃環境での定格電流が400mAで、1000Ω以上のインピーダンスを実現しております。

MDFシリーズは、高周波帯域で低損失を実現したフェライト材料を用いた結果、一般的なチップビーズと比較して高周波において高いインピーダンスを保持し、さらに通電時でのインピーダンスの変動も抑えられているため、PoCフィルタのニーズを満たしつつノイズ抑制効果を発揮できます。

今後、TDKではMDF1005シリーズでのインピーダンスの拡充を図り、お客様が要求する多種多様な車載用電子機器のノイズ対策ニーズに対応してまいります。

用語集

  • PoC:Power over Coaxialの略称。同軸ケーブル1本で信号ラインと電源ラインを重畳させた伝送技術

主な用途

  • ADAS回路、BUSライン、テレマティクスユニット (C-V2X, e-call等)

主な特長と利点

  • 高周波のアイソレーション及び放射ノイズ(0.7~2.4GHz)対策に貢献
  • 125℃の定格電流が最大400mAで1000Ω以上(@900MHz)を1005形状で実現
  • 良好なインピーダンスの直流重畳特性

主な特性

製品名インピーダンス
【Ω】typ.
@100MHz
インピーダンス
【Ω】typ.
@900MHz
直流抵抗
【Ω】
typ.
直流抵抗
【Ω】
max.
定格電流
【mA】
max.
MDF1005GAD102ATD25 190 1000 0.53 0.69 400

生産・販売計画

  • サンプル価格 : 30円/個
  • 生産拠点 : 日本
  • 生産予定 : 500万個/月(当初)
  • 生産開始 : 2020年12月

TDK株式会社について

TDK株式会社(本社:東京)は、スマート社会における電子デバイスソリューションのリーディングカンパニーを目指しています。 独自の磁性素材技術をそのDNAとし、最先端の技術革新で未来を引き寄せ(Attracting Tomorrow)、社会の変革に貢献してまいります。
当社は各種エレクトロニクス機器において幅広く使われている電子材料の「フェライト」を事業化する目的で1935年に設立されました。主力製品は、積層セラミックコンデンサ、アルミ電解コンデンサ、フィルムコンデンサ、インダクタ、フェライトコア、高周波部品、ピエゾおよび保護部品等の各種受動部品をはじめ、温度、圧力、磁気、MEMSセンサなどのセンサおよびセンサシステムがあります。さらに、磁気ヘッドや電源、二次電池などです。これらの製品ブランドとしては、TDK、EPCOS、InvenSense、Micronas、Tronics、TDK-Lambdaがあります。
アジア、ヨーロッパ、北米、南米に設計、製造、販売のネットワークを有し、自動車、産業電子機器、コンシューマー製品、そして情報通信機器など幅広い分野においてビジネスを展開しています。2020年3月期の売上は約1兆3000億円で、従業員総数は全世界で約107,000人です。

ダウンロード

報道関係者の問い合わせ先

担当者 所属 電話番号 Email Address
大須賀 TDK株式会社
広報グループ
+81 3 6778-1055 pr@jp.tdk.com

Recommendations

  •  
  •  
  •