サステナビリティ | 環境環境方針・環境ビジョン

環境方針/TDK環境憲章

TDKでは、グループ全体の環境方針として、「環境基本理念」と「環境方針」からなる「TDK環境憲章」を制定し、持続可能な発展に寄与することを目指しています。これに基づき、具体的な活動の基本計画として、環境ビジョンおよび環境基本計画を策定し、実践に努めています。

TDKグループは、 TDK環境憲章に基づき「調達」「開発・製造」「輸送」「使用」「廃棄」など製品のライフサイクル全般にわたり、環境負荷低減を進めます。この活動はバリューチェーン全体のサプライヤー、外部製造委託先などの事業パートナー、そしてお客様に波及効果を及ぼします。また、環境基本理念にある「あらゆる事業活動」には、新規事業への出資に際して実施するデューディリジェンスやM&Aも含まれます。

TDK環境憲章に基づく環境活動は、経営と環境のマネジメントが一体となった体制である環境マネジメントシステムの仕組みのなかで推進しています。その実践には、従業員の積極的な参加が不可欠であるため、従業員の理解向上のために必要な啓発活動や教育を実施します。加えて、ステークホルダーへの情報開示を適切に行い、積極的なコミュニケーションを図ることにより、活動の継続的な改善に努めます。

2050年を見据えて

TDKでは、グループ全体として取り組むべきマテリアリティとして、「2050年CO2ネットゼロ実現に向けた、エネルギーの有効利用と再生可能エネルギーの利用拡大」および「脱炭素社会を実現するためにクリーンエネルギーを創出する製品・ソリューションの提供」「エネルギーの蓄電、変換、制御によって効率的なエネルギー社会を実現する製品・ソリューションの提供」を掲げています。
このほか、TDKの製造拠点から排出されるCO2を、TDK製品の省エネ効率向上によるCO2削減貢献量によってバランスをとるというコンセプトでの「カーボンニュートラル」に関しては、2014年度に既に達成しており、現在はサプライチェーン全体の視点で、さらなるCO2排出ネットゼロを推進しています。具体的には、Scope1、Scope2、およびScope3のCategory11に加えて、Scope3のその他Categoryにおけるカバレッジ範囲をさらに拡大するとともに、2050年CO2ネットゼロ社会実現に向けた、適切な活動KPIおよびモニタリング指標を設定し、TDKの温室効果ガス削減活動を強化するものです。TDK環境アクション2025において、生産拠点における2025年の再生可能エネルギー導入率 50%を目指しています。

TDK環境憲章で定める通り、TDKでは気候変動対策をはじめ、生物多様性および限りある地球資源を尊重することの重要性を認識しており、「ECO TDK」のキャッチフレーズのもと、サーキュラ―エコノミーを含む関連活動を推進しています。

TDK環境活動の変遷

TDK環境ビジョン2035

TDK環境ビジョン2035

自然の循環を乱さない環境負荷での操業を目指す

ライフサイクル的視点でのCO2排出原単位を2035年までに半減
TDK環境ビジョン2035

2035年度までにライフサイクル的視点でのCO2排出量原単位半減を目指す

第三次環境基本計画「TDK環境活動2020」で掲げていたカーボンニュートラルの目標を2014年度に前倒しで達成したTDKグループは、次の環境ビジョン策定に先立ち、2015年に、創業100周年に向けた企業ビジョン「Vision2035」を策定しました。Vision2035では、「かけがえのない地球環境の再生・保護と、豊かで安心できる暮らしの実現」に真正面から取り組むことで、社是「創造によって文化、産業に貢献する」を着実に果たしていくことを掲げています。
2016年には、企業ビジョン「Vision2035」を受けて、2035年におけるTDKのあるべき姿を「自然の循環を乱さない環境負荷で操業すること」と定義づけ、「ライフサイクル的視点でのCO2排出原単位を2035年までに半減」することを掲げた「TDK環境ビジョン2035」を策定しました。この環境ビジョンは、事業活動における環境負荷の最小化と自然環境の育成、お客様と社会に貢献する製品の提供が企業の責務であるとの認識に基づくものです。また、地球規模での温室効果ガス排出源と吸収源の均衡達成による地球温暖化の抑制を目指したCOP21パリ協定にもならい、「あるべき姿」に到達するために行動するTDKの理想でもあります。
TDK環境ビジョン2035で掲げる「ライフサイクル的視点での環境負荷の削減」は、従来のTDK環境活動2020で掲げていた「工場での製造段階や製品の使用段階での環境負荷削減」にとどまらない取り組みです。そのため、TDKグループ全従業員が同じビジョンを共有し、目標を持って取り組むことが重要です。企業ビジョンで掲げる「地球環境の再生・保護」とは、自然循環の中での操業であり、これなくして持続可能な発展はありません。TDKグループのすべてが同じ「あるべき姿」を共有し、自主的に取り組みを進めていきます。

2035年度に向けたCO²削減ロードマップ

環境基本計画「TDK環境・安全衛生活動2025」

「TDK環境ビジョン2035」のもとで、新たに2025年までの環境基本計画として策定したのが、「TDK環境・安全衛生活動2025」です。「TDK環境・安全衛生活動2025」の活動項目と目標値は、「TDK環境ビジョン2035」からのバックキャスティングと「TDK環境活動2020」からの継続性およびフォアキャスティングを考慮して決定しています。各活動項目の環境負荷をCO2換算で統合し、「TDK環境ビジョン2035」の理想目標に向けた活動を展開していきます。さらに、安全衛生についても、新たに活動項目と目標を明文化し、安全で健康な職場環境の形成を実現していきます。

環境基本計画「TDK環境・安全衛生活動2025」

Recommendations

  •  
  •  
  •