ニュースセンター | プレスリリース

インダクタ: 車載PoC用積層インダクタの開発と量産

  • 広帯域で高いインピーダンスを実現
  • 通電時のインピーダンス変化を大幅に低減
  • 小型低背サイズで大電流
インダクタ: 車載PoC用積層インダクタの開発と量産

2022年8月30日

TDK株式会社(社長:齋藤 昇)は、車載PoC用積層インダクタ 「MLJ1608WGシリーズ」(L1.6㎜×W0.8㎜×H0.8㎜)を開発し、2022年8月より量産を開始したことを発表します。

本製品は、最大インピーダンスが2500Ω、300㎒から2㎓の広帯域において1000Ω以上の高いインピーダンスを実現しました。従来の積層品は電流が流れることによりインピーダンス特性が変化し、充分なインピーダンスを確保できませんでしたが、「MLJ1608WGシリーズ」は、小型サイズ(L1.6㎜×W0.8㎜×H0.8㎜)ながら定格電流は500㎃と高く、通電時のインピーダンスの変化を大幅に低減しています。また、125℃環境下での動作を保証します。

先進運転支援システム(ADAS)の普及により車載カメラの高性能化が進み、インタフェースは高速大容量化の要求が高まっています。LVDS伝送の車載カメラシステムでは、1本の同軸ケーブルに信号と電源を重畳させるPoC(Power over Coax)が採用されています。1本の同軸ケーブルで信号伝送と電源供給を行うことで、ワイヤーハーネスの本数を低減し車体の軽量化に寄与します。
PoC回路で信号と電源を分離するには、2~4個のインダクタを用いてフィルタを構成しています。フィルタに使用されるインダクタは、低周波から高周波までの交流成分に対して高いインピーダンスが求められています。「MLJ1608WGシリーズ」は、300㎒から2㎓の広帯域において1000Ω以上のインピーダンスを実現し、その要求に応える新製品です。

当社は、今後さらなる高速大容量伝送のニーズに対応したラインアップの拡充を図り、多種多様な車載用機器設計に対応して参ります。

用語集

  • PoC:Power over Coax、同軸ケーブル1本で信号および電源を重畳させた伝送技術

主な用途

  • 車載用PoC

主な特長と利点

  • 広帯域で高いインピーダンスを実現
  • 通電時のインピーダンス変化を大幅に低減
  • 小型低背サイズで大電流

主な特性

製品名 インダクタンス
[μH]
直流抵抗
[Ω]typ.
直流抵抗
[Ω]max.
定格電流
[㎃]max. @105deg.C
定格電流
[㎃]max. @125deg.C
MLJ1608WGCR56NTD25 0.56 ± 30% 0.45 0.70 500 400

生産・販売計画

  • サンプル価格 : 40円/個(税抜)
  • 生産拠点 : 日本
  • 生産予定 : 1000万個/月(当初)
  • 生産開始 : 2022年8月

TDK株式会社について

TDK株式会社(本社:東京)は、スマート社会における電子デバイスソリューションのリーディングカンパニーを目指しています。 独自の磁性素材技術をそのDNAとし、最先端の技術革新で未来を引き寄せ(Attracting Tomorrow)、社会の変革に貢献してまいります。
当社は各種エレクトロニクス機器において幅広く使われている電子材料の「フェライト」を事業化する目的で1935年に設立されました。主力製品は、積層セラミックコンデンサ、アルミ電解コンデンサ、フィルムコンデンサ、インダクタ、フェライトコア、高周波部品、ピエゾおよび保護部品等の各種受動部品をはじめ、温度、圧力、磁気、MEMSセンサなどのセンサおよびセンサシステムがあります。さらに、磁気ヘッドや電源、二次電池などです。これらの製品ブランドとしては、TDK、EPCOS、InvenSense、Micronas、Tronics、TDK-Lambdaがあります。
アジア、ヨーロッパ、北米、南米に設計、製造、販売のネットワークを有し、自動車、産業電子機器、コンシューマー製品、そして情報通信機器など幅広い分野においてビジネスを展開しています。2022年3月期の売上は約1兆9,000億円で、従業員総数は全世界で約117,000人です。

ダウンロード

報道関係者の問い合わせ先

担当者 所属 電話番号 Email Address
伊藤 TDK株式会社
広報グループ
+81 3 6778-1055 pr@jp.tdk.com

Recommendations

  •  
  •  
  •