サステナビリティトップコミットメント

「持続可能で幸せな社会
の実現」に向けて

TDKグループ自らが進化を続け、
テクノロジーを活かして
社会に貢献します。

TDK株式会社 代表取締役社長石黒 成直

新型コロナウイルスの危機を超えた、新たな社会

この度、新型コロナウイルス感染症に罹患された皆様とご家族の皆様に心からお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。また、医療の最前線で治療に尽力してくださる皆様、私たちの生活インフラを支える仕事に従事されている方々に心から感謝を申し上げます。

TDKグループでは、2020年1月末に本件に関する危機管理本部を立ち上げ、テレワークの拡大や地域をまたがる出張規制などにより従業員の安全確保に努めてきました。新型コロナウイルスという人類にとっての大きな脅威は、皮肉にも社会のテクノロジー活用を加速度的に進め、新たな働き方を広めることとなりました。特効薬やワクチンの普及により、パンデミックのリスクが下がった後も、人々の生活は以前のものに戻るわけではなく、新定常状態での生活が続くのだと思います。
直面した危機にどう対応するかで、乗り越えた後の世界は変わります。例えば、テレワークが適切な形で定着すれば、通勤に使っていた膨大な時間を健康のための運動や仲間とのコミュニケーション、家族との団らんなどに充てることができます。それは人間的な豊かな暮らしをつくり、人をもっと幸福にするでしょう。
感染拡大がもたらした影響は甚大ではありますが、次の時代に向かっていく契機と受け止め、新定常状態を前提にした進化を遂げていかなければならないのだと考えます。

CX(顧客体験)を重視し、DXとEXに貢献する

TDKグループはこれまでにも、DX (Digital Transformation)と EX (Energy Transformation) を私たちが社会に貢献できるチャンスとして捉えてきました。新型コロナウイルスによってもこの潮流が損なわれることはなく、むしろ一層加速されていくものと考えます。
DXにおいては、新しい柔軟な働き方や、労働力不足の解消をデジタル革新が支えていくのは明らかです。またEXでも、昼間に貯めたエネルギーを夜使う「タイムシフトユース」などエネルギーの効率的な利用を追求することで、「より少ないエネルギーによる、快適で幸せな暮らし」を可能にし、未来世代に住みやすく、エネルギーに関するリスクの少ない社会を残していくことが不可欠でしょう。
DXとEXにより世の中を変えていくためには、まずTDKグループ、私たち自身が変わらなければなりません。当社グループでは現在、「Digi-TDK」を掲げ、デジタルデータを活用したモノづくりの最適化を推進しています。また「Eco-TDK」として、徹底した省エネ対策や再生可能エネルギーへのシフトを行っていきます。
そのためには、DXやEXをお客様や消費者の立場から考える、CX (Customer Experiences / Consumer Experiences) の視点が重要です。ここでは、「要求されたスペックさえ満たしていればよい」といった考え方は全く通用しません。「お客様がこのスペックを求める理由は、消費者が最終製品をこういう状況・目的で使うことを想定しているため」などその背景を想像、理解して初めて、信頼に応え、満足いただけるソリューションを提供することでき、お客様に期待を超える体験をしていただけるのです。
開発・生産現場においても、このCXの発想が不可欠です。TDKグループでは「持続可能な開発目標」(SDGs)を起点に、製品の開発・生産に関わる者自らが、「社会課題を解決するために、自分たちの製品・技術力がどのような価値を生み出せるか」を模索し、実現する取り組みを進めています。

変化に即応する、強くしなやかな組織を目指して

2019年度は、財務面では米中関係悪化や新型コロナウイルスに影響を受けた厳しい結果となりましたが、将来への成長の土台となる非財務面では大きな進捗がありました。
1つ目が、「エンパワーメント&トランスペアレンシー」をTDKグローバルで推進していくためのガバナンス体制の確立です。2年間にわたり整備してきた『Global Common Regulation』の正式運用を2020年4月より開始しました。これは、M&Aにより世界に広がるTDKグループ各社が、それぞれの企業風土や特性を最大限に活かしながらも、TDKの経営理念やビジョンを共有し、グループの一員として守るべきルールを規程として明確化したものです。
2つ目が、世界中の人材と多様性を強みとするグローバル人材マネジメントシステムの構築です。TDKグループが今後も持続的に成長していくには、これまで積み上げてきた10万人を超える人的資産の有効活用が肝になるため、教育・研修、評価などをめぐる包括的な仕組みを、2020年度よりスタートしています。
私はTDKグループを、トップや本部に権力が集中する中央集権的な組織ではなく、自律分散型の組織にしていきたいと考えます。社会の変化に即応したスピーディな価値提供は、もはやそれ抜きには成り立ちません。だからこそ、理念や目標を共有する人を信頼し、透明性を保って共に事業を行うエンパワーメント&トランスペアレンシーや、世界の人材を活かすための人事改革を極めて重視しています。
また2020年2月には、グローバルサプライチェーンにおけるサステナビリティ推進を目的とした企業連盟 Responsible Business Alliance(RBA)に加盟しました。今日、グローバルに事業を営む上で人権課題をはじめとする社会課題や環境問題への取り組みは絶対に欠かせないものです。RBAのビジョンを全面的に支持し、国際標準のもとでサプライチェーンの労働者の権利や健康・安全を守っていきます。

「創造によって文化、産業に貢献する」の社是のもと、
サステナブルな社会と企業成長の両立へ

かつて、企業にとって経済的合理性と社会的合理性は相反する命題であり、トレードオフの関係にあると考えられた時代もありました。しかしサステナビリティをめぐる議論が深まる中でその角度は徐々に狭まり、今日では2つのベクトルは完全に一致すると考えています。これは言い換えれば、サステナブルな社会への貢献そのものが企業成長につながるということです。2つが完全に重なり合ってこそ、ビジネスの推進力は最大化されるでしょう。
TDK は2020年に創業85周年を迎え、100周年という次の大きな節目を考えるタイミングを迎えています。今あらためて意識すべきは、「創造によって文化、産業に貢献する」という社是です。当社グループの事業のすべての目的はそこにあり、それ以外は手段といえます。そうした考えのもと、2019年度に策定したサステナビリティビジョンでは、「テクノロジーですべての人を幸福に」を掲げました。
私は、TDK をワクワクする会社にしたいと思います。従業員が毎日夢を持って働き、社会からも「あの会社は次に何をやるのだろう」と期待を感じてもらえるのが理想です。従業員には、自分の仕事が社会の役に立っているという充実感を共有し、お互いに良い影響を与え合い、「では次にもっと何ができるか」というワクワク感をエネルギーに変えていってほしいと思います。熱い想いを持った従業員一人ひとりを事業推進の力として、TDKグループはすべて人々にとって持続可能で幸せな社会の実現を目指していきます。

Recommendations

  •  
  •  
  •