TDK株式会社 Recruiting

Professionals

社員紹介

Interview

社員インタビュー

高品質な製品を安全に、
安定的に低コストで
供給できる工程を設計する

TAKI Tatsuya
生産技術
TAKI Tatsuya
2011年入社 材料構造工学専攻
私がTDKを選んだ理由

大学では、機能性材料などの強度・信頼性について勉強をしていました。そのため、就職も機能性材料に関わる仕事に就きたいと考えていました。私は地元が秋田ということもあり、TDKのことは前から知っていましたが、改めて企業研究をしたり、説明会へ参加するうちに、「材料に強みがあること」「チャレンジできる社風であること」を知り、ここでなら大学での経験を生かし、新しいことにチャレンジできるのではないかと思い入社を決めました。

私の仕事

私は、チップバリスタ、チップNTCサーミスタに関する生産技術の仕事をしています。チップバリスタは、2つの電極をもつ電子部品で、両端子間の電圧が低い場合には電気抵抗が高いが、ある一定以上に電圧が高くなると急激に電気抵抗が低くなる特性があります。また、チップNTCサーミスタは、温度が上昇すると抵抗値が減少する特性があります。主にこれらの製品の検査工程を担当しており、設備選定、歩留改善、検出精度の向上などの工程改善を行っています。生産技術の仕事をしていく上では、製品をよく理解し、そのパフォーマンスを活かす工程を設計することが重要です。製品部などの他部署の方と話しあったり、時に他部門の方に助言をいただきながら、工程改善に取り組んでいます。検査工程は比較的お客様に近い所にあるので、そこにやりがいを感じています。

私の仕事
私のチャレンジ

私は生産技術課に所属し、検査工程を担当しています。この工程では、自動検査装置にて製品の検査を行っています。ある製品において、品種ごとに別々の検査プログラムを使用して検査していました。しかし、検査プログラムの切替えなどの手間があり、その手間を省くために一つのプログラムでどの品種も流せるようにしようとチャレンジしました。私は製品部や設備開発者と相談し、試行錯誤を続け、評価を繰返しました。その結果、全ての品種を流せ、かつ従来のプログラムよりも歩留を確保できる検査プログラムを作成できました。自ら考えて行動し、それを実現できたことは大きな喜びとなり、自信となりました。そして、周りの方々と協力して仕事をしていくことの大切さを実感できました。

私のチャレンジ
私の夢

チップバリスタ、チップNTCサーミスタなどの製品はサイクルが早く、どんどん小型化が進んでいます。小型化が進むにつれ、製品を製造する技術もさらにシビアになっていきます。その問題を解決していくには技術の進歩についていかなければなりません。そのためには、さまざまなことに興味を持ち、自ら進んで勉強していかなければならないと思っています。また、自身のスキルや知識を磨くことも大事ですが、一緒に仕事をしている方々とコミュニケーションを取りながら仕事をしていくことも非常に大切です。これらのことを胸に、お客様の立場になって物事を考え、高品質な製品を安全に、安定的に低コストで供給できる様な工程を設計していきたいです。

オフタイムの過ごし方
オフタイムの過ごし方
音楽が好きなので、TDKの軽音楽部に所属しています。定期的に開催されているライブイベントへ参加したり、自分たちでイベントを企画したりと積極的に活動しています。経験者はもちろん、初心者も大歓迎です。さまざまな部署の方と交流できますし、地域の方々とも関わる機会があるので、とても刺激があり楽しいです。入社して興味がありましたら、気軽に声をかけてください。