TDKTDK株式会社 Recruiting

MENU

Professionals

社員紹介

Interview

社員インタビュー

電子部品だけでなく
モジュール開発まで
手がけられるのが魅力

TANABE Kei
機構設計
TANABE Kei
2005年入社 電子工学専攻
私がTDKを選んだ理由

私は卒業後、半導体メーカーでIC開発を行っていましたが、次第に周辺回路やモジュール設計に興味を持つ様になりました。当時からTDKは電子部品メーカーとしてだけでなくモジュール開発に対しても魅力に感じていたことから、TDKで働く事でモジュール開発のスキルを向上するだけでなく、同時に個々の電子部品に対する知識も広げられる。まさに技術の深みと裾野を同時に広げられる環境であると感じ応募を決めました。また入社前から感じていた、社員の技術に対する熱い思いや、型を押し付けない社風、経験によらずお互いの意見を尊重し合える環境はとても魅力的で、それは入社後も裏切られる事はありませんでした。日々切磋琢磨し合える環境はとても刺激的です。

私の仕事

私は先端技術開発センターで、高感度の磁気センサの開発を行っています。TDKにはHDDの磁気ヘッド開発で培ってきた高感度の磁気センサ素子としてGMR素子やTMR素子があります。現在、それらをさらに応用し、技術的なブレークスルーで、より高感度の磁気センサを実現させるため日々の開発に取り組んでいます。センサ素子の基礎技術はありますが、目標とする検出磁界はnT(ナノテスラ)以下と非常に微弱であり、センサ素子の検出限界を超えている為、磁気回路、電気回路、測定技術において従来以上の配慮、工夫が要求されます。時には原因不明の結果や想定を大きく超える現象に悩まされ途方に暮れそうになりますが、メンバーと協力し合い、問題を一つ一つ丁寧に解決していくプロセスは、開発が一歩一歩進んでいくことだけでなく、研究者としての自分の成長を実感できる瞬間でもあります。私は主に回路設計〜筐体設計、治工具の設計を担当しています。そこに新しいアイデアや工夫を盛り込み実際に測定で確認する。そういったプロセスで開発を行っていける環境にとてもやりがいを感じています。

私の仕事
私のチャレンジ

GMR素子を使用した製品の開発を行った際、製品の製造装置の一つを開発することになりました。それまで大規模な設計としてLSIのロジック設計の経験はありましたが、装置を一から設計し工程に納入するといった類の開発経験はありませんでした。また、回路設計、機構設計、ソフト開発についても、デバック時の小規模な設計は行っていましたが、それらを全て連携させて一つのシステムを組み上げる経験はなく、それぞれの開発のどれを取っても大きな挑戦でした。特に製造工程で使用するということで、オペレーター使用感やメンテナンスの容易さに配慮した設計は、「性能・機能実現のための設計」とはまた別視点のアプローチが必要で、大きな挑戦でもあり貴重な開発経験でした。今後も開発の為の開発、製品の為の開発になってしまうのではなく、その先のユーザーを意識した研究開発にチャレンジしていきます。

私のチャレンジ
私の夢

エンジニアになると決めた時から「自分の開発した製品で世の中を便利にし、人々の手助けをしたい。」というのが私の夢です。しかし、今まで世の中にいくつか製品を出してきましたが、この難しさは経験を積んでいくにつれて、強く感じるようになってきています。メーカーで開発を行っている以上、「売上を上げる」ことは必須です。一方で、「たくさんの売上を出すことはできなくても、必要とされている技術や製品はあるのではないか」と考えることもあります。そのジレンマに悩まされながら、日々奮闘しています。現在開発を行っている高感度磁気センサがターゲットとしている応用アプリケーションは、世の中への大きな貢献を視野に入れていますので、何としても製品開発を成功させ早期のリリースを実現させたいです。自分自身が、製品のユーザーとして実際に使用することは何よりの楽しみでもあります。まだまだ夢の実現には程遠いと感じますが、日々の積み重ねを丁寧にして、仕事に関わる人たちと信頼関係を築いていき、社内外から頼られるエンジニアを目指します。

オフタイムの過ごし方
オフタイムの過ごし方
学生の頃から趣味でやっているエレキベースは社会人になってからも続いています。社会人になってから出会った友人と月1〜2回程度のバンド活動を行っていて年一回程度ライブも行っています。オフがしっかり取れる為、活動時間も十分取れ上手く楽しむことが出来ています。活動での色々な交流がとても良い刺激になっています。