TDKTDK株式会社 Recruiting

MENU

Professionals

社員紹介

Interview

社員インタビュー

ムダのないサプライチェーンを
構築する

CHANG Yijing
SCM
CHANG Yijing
2006年入社 経営システム工学専攻
私がTDKを選んだ理由

大学ではSCM(Supply Chain Management)を学び、その知識を生かしたいことと、製造業は日本の強みである為、メーカーに入りたいと思いました。
メーカーを調べたところ、TDKは大き過ぎず小さ過ぎず、全社の改善活動ができるちょうど良い規模でした。

また、会社説明会では現部署の部長から丁寧に部署テーマの説明を受け、部長の熱意と人柄に感動し、入社することに決めました。

私の仕事

私の所属する「経営システムグループ業務改革推進部」は入社当時は「SCMグループSCMシステム部」でした。私の部署の役目は、サプライチェーン上のムダを省き、お客様の納期を守りながら、在庫を最小限にコントロールすることです。現在、EPCOS統合後のサプライチェーンを構築しながら、TDK全体のベストパフォーマンスを図るという目標に向けて、EPCOSとTDKの業務を分析し、より効率的な業務をシミュレーションしながら構築しています。

今までは日本・アジアを中心とする仕事をしてきましたが、現在はヨーロッパにも活動の範囲が広がり、ますますグローバルな仕事になってきています。異なる文化や仕事スタイルに触れることはとても楽しく遣り甲斐のある仕事だと感じ、外国人である私を一番生かしてくれる仕事だと思います。

私の仕事
私のチャレンジ

入社後、いろいろなことに挑戦してきましたが、一番印象に残ったのは、TDK大連工場での業務改善活動でした。当時、まだ入社して半年くらいでしたが、業務改善活動の一環として、現場で使用している現品票(製造進捗を記載するシート)を新たに設計しました。翌日には、即現場で使用され、現場に行くたびに、自分が設計した現品票が製品と一緒に流れているのを見て、とても遣り甲斐を感じました。それは、学生時代では味わえない達成感でした。

私のチャレンジ
私の夢

EPCOS統合後、活動範囲が一気に広がりました。アジアと日本のサプライチェーン構築をメインに活動してきた私は、これからはヨーロッパを含めたグローバル・サプライチェーン構築を考えなくてはいけません。

当然、EPCOS社のサプライチェーン・業務を勉強することが新たな挑戦になります。その中で、メールや会議がほとんど英語になっている現在、今まで英語で仕事をしたことのない私は、英語で自分の意思を伝え、ディスカッションすることが、とても大きな挑戦となっています。アジアとヨーロッパの文化の違いを乗り越え、ヨーロッパでは理解できないアジア特有の業務をいかに正確に伝え、またヨーロッパの良さをTDKに適用していくことが新たなグローバル・サプライチェーン構築に繋がると思います。

そして、全体最適を考慮することは、ムダを省き、地球の限られている資源を最大限に活かすことにつながります。大げさかもしれませんが、人類未来の為にもグローバル全体最適なサプライチェーン構築に挑戦していきたいと思います。

オフタイムの過ごし方
オフタイムの過ごし方
社会人になって運動不足が気になり始めました。激しい運動だと疲れがたまり、仕事に影響があると思い(そもそも激しい運動が無理です)、ゆったりとするヨガを始めました。ヨガをやり始めたら、新陳代謝が良くなり、夜も深い睡眠が取れるようになりました。最近は、飲み会が重なり太り気味なのでホットヨガに切替え、週一回ホットヨガスタジオに通っています。