TDKTDK株式会社 Recruiting

MENU

Professionals

社員紹介

Interview

社員インタビュー

EV、HEVなど最新の自動車を
DC-DCコンバータ技術で支え
エコ時代に貢献する

ISHIKAWA Yoshiaki
回路設計
ISHIKAWA Yoshiaki
2006年入社 電子制御工学専攻
私がTDKを選んだ理由

TDKについては、テレビコマーシャルと地元に工場があったために知っており、そのTDKでのインターンシップを受けたことがきっかけです。インターンシップでは、LANモジュールに使用されるコイルを、自分の手で作って評価し、その結果をまとめて、部署内で発表という製品開発の流れを経験させていただきました。そこで経験したモノづくりに関わる楽しさや仕事のイメージを掴んだことで、TDKで仕事をしてみたいと思い、応募しました。

私の仕事

電気自動車(EV)やハイブリット自動車(HEV)に搭載されている、DC-DCコンバータというものを開発しています。DC-DCコンバータの役目は、高電圧バッテリーの100V〜400Vの電圧を変換して、14Vの電圧にします。低電圧バッテリー(12V)を充電したり、エアコンやカーナビなどに電力を供給しています。EVやHEVにとって重要部品であり、DC-DCコンバータが壊れてしまうと、電力が供給されずに車が動かなくなってしまいますので、とても高い信頼性が求められる製品です。

私はDC-DCコンバータの電気回路設計を行っています。回路設計はもちろんですが、試作して評価したり、お客様の評価結果やご要望を打ち合わせて製品にフィードバックしたりと、やることは沢山あり大変なときもありますが、自分の担当製品が、お客様の車両に搭載されているところを見ると、ちょっと誇りに思えます。

私の仕事
私のチャレンジ

初めてDC-DCコンバータの開発を任せてもらうこととなった際に、電気回路の設計を担当したのですが、自分の思う通りの設計になっておらず、狙った特性が出ていないことがありました。そこで、製品開発の難しさと道のりの長さを経験しました。その後、お客様に性能が認められ、競合メーカーとの競争を勝ち上がって、採用が決まり、さらに、その後の機種についても受注することができたときには、自分の努力がより良い車作りに、少しばかりでも貢献できたかなと、うれしく思いました。

私のチャレンジ
私の夢

EVやHEVに搭載される部品に携われることで、エコ時代に貢献できていると感じています。今後は、EVでは走行距離の延長を、HEVでは燃費向上をますます求められるようになります。DC-DCコンバータは、効率アップや、サイズや重量のダウンでそれらに貢献することができます。しかし、現在の技術は成熟しつつあるので、今以上の性能を求めるためには、革新的な開発が必要となっています。TDKは他社にはない強みとして、素材技術の強さを持っていますので、その強みをもっと活用し、1+1=2ではなく、1+1=3以上のものを開発していきたいです。

オフタイムの過ごし方
オフタイムの過ごし方
休日は家族で過ごす時間がほとんどです。家に篭るのが苦手なので、家族みんなでいつも出かけます。また、子供たちには、できるだけいろいろなことを経験させてあげたいと思っています。もうちょっと大きくなって、私の趣味の山歩きにもついてきてくれるようになったらうれしいですね。