TDK株式会社 Recruiting

Professionals

社員紹介

Interview

社員インタビュー

高性能で高い信頼性を持つ
センサを開発する

KOMASAKI Yosuke
材料開発
KOMASAKI Yosuke
2010年入社 電子工学専攻
私がTDKを選んだ理由

大学では磁性材料に関する研究を行っており、材料の面白さにふれました。その為、就職活動の時は「材料から製品をつくることができる会社」に入りたいと考えていました。TDKは磁性材料に強みを持つ会社で、フェライト磁石からHDDヘッドまでさまざまな製品を生み出しています。この会社であれば、自分の学んできたことを活かすこともでき、社会のニーズに応えられる新しい材料、製品を生み出せる、自分のやりたいことができる、そう考え採用試験を受ける決意をしました。

私の仕事

私の所属するセンサ開発グループでは、HDD(ハードディスクドライブ)用ヘッドで培ってきた高度な磁場センシング技術を応用し、角度センサ・電流センサなどの応用製品の開発を行っています。あらゆる製品の電子化が進んでいる中で、高性能なセンサのニーズは大きく、そこへHDD用ヘッドの技術で切り込んでいこうというわけです。私はセンサ開発の中で心臓部ともいうべき磁場の信号を電気信号に変換する薄膜材料の開発に携わっており、各種センサの性能を最大限に引き出すことができる特性の薄膜材料開発が私のミッションです。特に車載向けセンサでは高温・高圧などでも動作し続けられる高い信頼性が要求されており、さまざまな厳しい環境試験に耐えることができる薄膜材料の開発をしています。設計、プロセス、評価チームの人たちで連携して開発したセンサが厳しい信頼性試験を耐え切って、目標をクリアできたときは、とてもやりがいを感じました。

私の仕事
私のチャレンジ

私の仕事では、将来的に製品に応用する材料の先行開発のほかに、現在の材料の特性改善なども行っています。その中で、ある日、緊急で材料特性の変更要求が来たことがありました。通常、材料開発は、思ったような特性が得られないことが多々あり、時間もかかりますが、普段から、ノウハウを蓄積し、様々なニーズに応えられるよう材料開発に努めてきたため、急な変更要求にも短い納期で対応することができました。 実際にその材料を使用したセンサでお客様の承認をいただき、現在は私たちのセンサは量産体制に入っています。私が入社した当時、まだ世の中に出回っていなかったセンサが、製品として出荷されていくことに非常にやりがいを感じています。初出荷の時は開発メンバーと喜び合ったのを今でもよく覚えています。

私のチャレンジ
私の夢

私たちが携わったセンサを世の中に出していくことが当面の目標でしたが、その夢は叶いました。といっても私たちは第一歩を踏み出したばかりです。お客様のニーズに応えられる製品ラインナップを拡大していき、高出力・高速応答性を兼ね備えた私たちのセンサで、これからも目覚しい速さで進んでいるエレクトロニクス製品の発展に貢献していきたいです。その実現のために、自分自身を成長・進化させていかねばなりません。入社後から材料開発に取り組んでいますが、プロセスや測定、組み立てのノウハウを習得して包括的な開発を行えたらよいと考えており、広い視野をもって経験と知識を生かした材料開発を実現していきたいです。

オフタイムの過ごし方
オフタイムの過ごし方
長野県佐久市は夏でもさほど暑くなく、冬は雪山が近くにあるのでスポーツを楽しんでいる人が多いです。私は会社のテニス部に所属しており、休日はテニスを楽しんでいます。部活にはいろいろな部署の方がいるので、いい情報交換の場所にもなっています。また自然が豊かなところなので、時間があれば風景写真を撮りにいったりもします。