働く環境

座談会—女性から見たTDK

座談会—女性から見たTDK

参加者紹介

Contents

TDKのここが好き!

TDKで働いていてよかったと思うことはどんなことですか?

池亀

比較的自由な発想で、自分で考えて仕事ができる。そして、それによって伸びるところまで伸びていける環境があることは、TDKの良いところだと考えています。

井原

TDKは上下関係が厳しくなく、全体的な雰囲気がフレンドリー。
そんな社風が居心地よくて好きです。また、仕事をする上での裁量を比較的与えられるところに、やりがいを感じます。

北川

エンジニアとして、品質をユーザーに認めてもらえる製品の開発に携われたことは、TDKで働いている中で一番の喜びです。また、真面目な、自分に合った雰囲気の中で仕事ができたこともよかったと思います。

中野

子育てと両立させながら、興味のある技術開発分野でずっと仕事を続けてこられたことです。

先輩たちは、こんな風に乗り越えてきた

仕事を続けていく中では、良かったことも大変だったこともいろいろあったと思います。そんなとき、先輩たちはどんな風に乗り越えてきたのでしょうか?

井原

なかなか自分の思うような仕事を任せてもらえないと感じていた時期がありました。そこで落ち込んでしまわずに、自分に何が不足しているのかを考え、周囲の人の良い点を吸収するように努めて、意識的に仕事に取り組んできました。その結果、リーダーシップの重要性にも気付きましたし、自分だけでなく、チームのメンバー全員がより力を発揮できるような仕事展開を図れるようになりました。今は任せてもらう仕事の幅も広がり、モチベーションも上がっています。

坂井

係長になったときに、上長の提案もあって、ある業務の内容そのものを大きく変えるような改革にチャレンジしました。当初は、周囲の理解をなかなか得ることができませんでしたが、それでも、議論を重ねることで、立場の違う人たちと目標や目的を共有して、改革を推進していくことができました。当時は色々と苦労しましたが、今ではそうした責任ある取り組みを任せてくれたことに感謝しています。

菱村

かつて、あるビジネスグループで知的財産管理の実務を私一人で担当していたころ、事業の拡大とともに、仕事がオーバーフローしてしまったことがありました。そこで、思い切って、事務を担当していた後輩を実務担当に抜擢できないか、上長に提案しました。彼女を指導しながら、一部業務を分担することで、何とか状況を改善することができました。共に大変な時期を乗り越えた彼女も、今では、先行技術調査を安心して依頼できるまでに成長しています。

池亀

上司に認めてもらって、幅広い業務にチャレンジしてきました。その頃は、女性のロールモデルが少なく、開拓者としての色々な苦労もありました。今、リーダーとして責任ある仕事を任され、部下を評価する立場となりました。「頑張ったね」と言葉だけではなくて、フェアに評価していきたい。社員全員が会社に大切にされ、必要とされているという意識のもとで働ける環境を作っていきたいと考えています。

女性のライフイベントと仕事を両立するために

やはり女性にとって、結婚、出産、子育てというのは、仕事を続けていく上での
大きなターニングポイントになると思います。プライベートと仕事の両立につい
て、どのように考えていますか?

中野

私は子育てを経験していますが、子どもが小さいときは、子どもの病気で休まなくてはならなかったりと、どうしても前と同じようには働けない時期があります。そんな時は、短時間勤務制度など会社が提供してくれる支援制度や、周囲の配慮はとてもありがたいですね。ただし、周囲の厚意に甘えて、それを当然と享受してしまっては、せっかくの信頼も損なわれてしまいます。私自身も大事にしてきたことですが、何よりも本人の「なんとしてでも仕事をやり遂げる」という熱意が、仕事と子育ての両立のためには必要だと思います。

菱村

私も結婚していますが、仕事をやめようと考えたことはなかったですね。何よりも、仕事にやりがいを感じていたからこそ、続けてこられたのだと思います。周囲を見ても、仕事にやりがいを感じ、プライドを持って一生懸命に取り組んでいる女性社員は、ライフイベントを乗り越えて、活躍しているように感じます。

水谷

会社として、働き続けたいという意欲に応えるための多様な選択肢があることは大切ですね。そうなれば、「これだけ会社の支援体制が整っているんだから、今度の職場でも頑張ろう」というモチベーションにもなるのではないでしょうか。

森

支援体制があっても、「産休・育休などで休んでいる間の仕事はどうなるのか」「休業後も同じ職場に戻れるか」などの不安を感じる女性社員もいると思います。一先輩として相談に乗り、安心感を与えられるようにサポートしたいと考えています。

TDKをこんな会社にしていきたい

女性管理職の8人は、TDKの5年後、10年後の姿について、どのように思い描
いているのでしょうか?

北川

私は20代の頃から、重要な報告会などでの発表の場をかなり与えていただきました。当時は、女性の技術者が今より少ない状況でしたが、そのような機会を与えていただくことで、自身や開発に対する責任感を持たせていただき、とても感謝しています。私自身も、自分の経験を活かして、うまく次の世代のモデルになりながら、後輩の意識の向上を後押ししていきたいと思います。

坂井

性別に関わりなく、自分の仕事に誇りを持ち、みんなが平等に頑張ることのできる会社にしたいと考えています。女性管理職としてスポットライトを浴びたりすることがないくらい、女性がTDKの職場で当然のように働いている、そんな会社にしたいです。

森

社員の中には、自分の可能性に気付けずに、次のステージに挑戦するためのエネルギーを失っているケースもあると思います。「あなたはもっと上を目指せます」と、上司がその人の可能性を見抜いて言ってあげることも大事ですよね。力を秘めて埋もれてしまっている原石のような人材を、人事機能の一員として、ぜひ発掘していきたいと思います。

水谷

私が目指すのは、誰もが個性を発揮しながら生き生きと働き、かつ評価される仕事ができる職場環境です。これまでは、倒れるまで働くような無理をしたこともありますし、皆さんそうだったと思います。でも、辛い顔をして働くより笑顔で働いたほうが絶対にいい結果は出せる。個性としての「男性らしさ」「女性らしさ」がいい意味で活かされる環境であってほしい。そして、男性も女性もバランスよく、楽しく働けるような風土をつくっていきたいと思っています。


Page Top