サステナビリティ | サステナビリティ経営 | TDKグループのマテリアリティDigital Transformation(DX):マテリアルサイエンスとプロセス技術にソフトウェア技術を加え、社会のデジタル化を促進

マテリアリティ策定の背景

TDKにとっての意義

 5G、AR/VR/MR、ウエアラブル、ロボティクス/ドローン、データストレージなど、マテリアルサイエンスとプロセス技術にソフトウェア技術を加え、社会のデジタル化を推進するDXは、TDKが価値を社会で最大限発揮できる分野であると考えています。
 また、TDK自身がDXに取り組み、デジタル基盤を最大限に活用することは、最小のインプット(材料、エネルギーをはじめとする経営資源)で最大のアウトプット(お客様が必要とする製品、ボリュームをタイムリーに)を創出し続けることにつながります。
 お客様の潜在ニーズをいち早く適格に把握できれば、それにタイムリーに応えるための十分な準備ができます。生産ラインや個々の設備稼働状況をリアルタイムでモニタリングし、いち早く状態の変化を検知できれば、事前に保全策を講じることができ、生産計画通りの生産が担保できます(=予知保全)。あるいは市場やお客様の需要の変化やサプライヤーからの納入に支障が生じた場合も、支障要因の速やかな特定と状況変化の可視化ができれば、迅速かつ最良の意思決定が可能になり、アクションへ素早く移行できます。
 このようにデジタルの力を最大限活用した強固な業務基盤を確立することで、「早く・タイムリーに・自律的に」全てのバリューチェーンが連携して機能することが可能となり、TDKの持続的成長と企業価値の拡大につながります。

社会にとっての意義

 「テクノロジーですべての人を幸福に」という長期ビジョンを掲げるTDKグループにとって、社会のデジタル化を促進するDXは重要な要素です。 TDKは製品やソリューションの開発・製造・提供を通じて、レジリエントな通信ネットワークインフラを構築すること、社会のデジタル化を促進することに貢献できると考えています。社会のデジタル化を進めることは、新しい柔軟な働き方の実現や、労働力不足の解消につながります。
 また、TDKグループのデジタル基盤をお客様やサプライヤーとつなぐことで、活動の可視化・最適化を図り、さまざまなロスの極小化や、人権を含む社会課題・地球環境に配慮した事業活動を実現することが可能になります。

概要

テーマ 強靭なコミュニケーションネットワークインフラ構築を支える製品・ソリューションの提供 人の能力増強と保管を促進するための、ロボット化・モビリティ化を支える製品・ソリューションの提供 TDKのデジタル化推進
主管部門 コーポレートマーケティング&インキュベーション本部 SCM&経営システム本部
3年間で目指す姿 ユビキタス社会を支えるネットワークインフラの技術ターゲットが明確化し、5G mmW、6G、HAPS、LEO Sat、海底ケーブルなどがTDKの開発ロードマップに位置づけられている ロボット、モビリティ、ヒューマノイドロボットの応用に関連するTDK製品と社会からの要請のギャップが明確化され、ギャップを埋めるロードマップが作成されている デジタルの力をフル活用することで、業務のスピードや品質が飛躍的に進歩し、オペレーショナル・エクセレンスが加速し2CXの実現を下支えしている
主な活動項目
  • mmW、6G、HAPS、LEO衛星、海底ケーブルなど次世代通信システムとネットワークインフラの市場分析
  • 各事業部門と連携した事業計画作成
  • ロボティクスの技術動向と市場の評価
  • ロボットおよびAR/VR/MRアプリケーションにおけるTDKの技術・製品の評価
  • TDK製品の市場規模の評価
  • 各事業部門と連携した事業計画成
  • サプライチェーン情報の可視化による迅速な意思決定と事業プロセスの効率化
  • データ分析プラットフォームとコラボレーションプラットフォームの複合的利活用の推進、ならびにそれらを具現化するための人材育成の強化

ほか

部門長メッセージ

コーポレートマーケティング&インキュベーション本部

Michael Pocsatko

【主管テーマ】

  • 強靭なコミュニケーションネットワークインフラ構築を支える製品・ソリューションの提供
  • 人の能力増強と保管を促進するための、ロボット化・モビリティ化を支える製品・ソリューションの提供

 コーポレートマーケティング&インキュベーション本部は、お客様のニーズを受信し、TDKの技術を発信する「アンテナ」の役割を担っています。データを情報とインテリジェンスに変換し、そのインテリジェンスをもとにTDKには存在しない新しい製品やソリューションを創造して、インキュベートすることをミッションとしており、社内外のイノベーターとのコミュニケーションやコラボレーションによって「Value Creation」を加速させることを目指しています。これは、より強い顧客志向のアプローチかつ言語である、強固なアウトサイド・インの視点を生み出すことを意味しています。
 また、組織を超えて社内外のあらゆる部門とコラボレーションしながら、TDKのテクノロジーを組み合わせ、新たな価値を創造していくにあたって「デジタル化」に関する役割を担うCDXO(Chief Digital Transformation Officer)を新設しました。CDXOは、1)Digital for Customers:顧客にとっての新たな価値を迅速に創造・特定すること、特にデジタルマーケティングにおいては「マーケットデータ、コンテンツと分析を活用した顧客体験主導の成長」の実現、2) Digital for TDK Group:新しいワークスタイルを推進するためにグローバルのベストプラクティスをTDKグループ内で迅速に導入すること、3) Digital for Ecosystem:外部とのコラボレーションにより積極的にネットワーキングや共創を行うこと、を推進していきます。
 TDKのEX、DXへの取り組みは社会からの要請に応える大切な活動であり、TDKが開発する技術は、本質的に人々の幸福に貢献できる素晴らしいものです。同時にこれらの注力分野はTDKの長期戦略の中核、かつ事業計画Value Creationを推進する重要な要素です。
 今後も、より顧客志向でイノベーションを起こし、アウトサイド・インの考え方を組織に根付かせて、お客様の期待を超える体験を提供する2CX(Customer Experience, Consumer Experience)を実現してまいります。

SCM&経営システム本部

石川 将

【主管テーマ】

  • TDKのデジタル化推進

 価値ある製品の創出を通じて社会課題の解決に貢献しつづけるためには、常に“Time to Market”でそれを実現し続けなければなりません。そのためにはデジタル化/DXの加速が必須となります。これにより設計、開発、製造、業務プロセス、意思決定など全ての活動のスピードアップと品質向上を図ることができます。
 その実現のためには、テーマ・課題に応じて最適なデジタル技術を導入することはもとより、それを推進するためのスキルセットを備えた人材の育成・拡充を強化することが課題となります。全ての従業員が一定レベルのデジタルリテラシーを身につけるための教育プログラムを関係部門と協同で整備していきます。
 またTDKグループの中には多種多様なデジタル化/DXの取り組みがあり、既にベストプラクティスとして実践されている事例が多くあります。このような事例を共有し、効率的に横展開するために、グローバルで刷新を図っている新しいコミュニケーションプラットフォームを最大限に活用していきたいと考えています。
 TDKグループの価値創造サイクルを支えるためのデジタル基盤の強化に関係機能と一丸となって取り組んでいきます。

Recommendations

  •  
  •  
  •