サステナビリティ | 社会多様性を尊重する企業風土の醸成

TDKのアプローチ/ダイバーシティ&インクルージョン方針

TDKグループは、グローバルに事業展開する多数のグループ企業から形成されています。 多様な個性を持つ従業員が能力を発揮できる環境を整備することで、革新的な創造を生み出し続けていくことが、企業成長を実現していくためにも重要と考えています。2020年4 月には、TDKダイバーシティ&インクルージョン方針を策定しました。

TDK ダイバーシティ&インクルージョン方針

TDKが「創造によって文化、産業に貢献する」という社是を実践・実現していくためには、多様な個性を持った従業員の存在が必要不可欠です。エレクトロニクス、エネルギー、素材やセンサーなどTDKの製品やソリューションは多岐にわたり、世界中で日々の生活をより良くすることに役立っています。TDKの従業員がこれらの製品やソリューションを創造し、設計し、開発し、製造して、人々に届け、私たちがこれからも社是を実践・実現し続けていくためには、グローバルに広がる仲間の多様な文化や規範、視点、言語、アイデア、スキル、経験を受け入れ活かすことこそが鍵になると考えています。

TDKは、世界中に広がる個性溢れる従業員の力を最大限に活かし、会社と社会、双方にとって最大限の価値を生み出せるようTDKダイバーシティ&インクルージョン方針を制定しました。TDKグループの従業員同士のつながりを強固にし、考え方や経験の交流を活性化することで、個の能力を育みます。

TDKグループ企業倫理綱領の通り、TDKは従業員の個性を尊重することを宣言しており、合理的かつ公平な人事制度や処遇を整えています。文化、国籍、年齢、性別、社会的背景、宗教、信条、人種、性的指向、障がいの有無や性格など従業員の多様性はTDKの成功に欠かせない大きな原動力です。

現在までに、

  • TDKは日本で創業し東京に本社を構えていますが、全従業員の大多数は日本以外で働いています。
  • TDKはさまざまな国で働く多様な文化的背景を持つ従業員によって構成されています。
  • TDKにはあらゆる年齢層の従業員が在籍しています。
  • TDKでは女性が重要な役割を果たしています。
  • TDKではコミュニケーションやコラボレーションをリードする能力を向上するためのプログラムを継続的に実施しています。

多様な個性を持つチームは、異なるアイデアや意見を受け入れ、お互いの意見に耳を傾けることで個の成長を後押しし、高品質な製品やソリューションを生み出します。私たちはあらゆる人々から成る多様性の溢れる組織を築き上げることをここに宣言します。

(2020年4月)

体制

人事教育機能が主管し、地域ごとの状況に応じた活動を推進しています。

2019年度の目標と実績、今後の取り組み

2019年度目標 実績
タレントマネジメントシステム(連結管理データベース)の登録対象の拡大継続 タレントマネジメントシステム(連結管理データベース)への収集対象を全世界の営業機能および各キーポジションへの拡大
ダイバーシティ方針の策定 2020年4月に方針策定
グローバル、地域別人事会議の継続実施による人事ネットワークの強化 ・すべての主要なグループ企業が参加するグローバル人事会議の開催(2018年5月、2019年7月)
・2018年から始まった現地の人事マネジャーが参加するエリア別人事会議の実施
TDKグループの主要なポジションにおける後継者育成計画の策定 TDKグループの主要なポジションにおける後継者育成計画の実施

評価と今後の取り組み

2020年度目標
タレントマネジメントシステム(連結管理データベース)の収集対象とする人材の属性情報の拡大継続
グローバル、エリア別人事会議の継続実施による人事ネットワーク構築の強化
TDKグループの各キーポジションにおける後継者育成計画のさらなる促進

活動事例紹介

自身のバックグラウンドとは異なる地で働く従業員の声

現地のビジネス文化を尊重し、技術のコラボレートを目指します。

革新的なスタートアップや名門大学が数多く集まるイスラエルで働いています。私のミッションは現地の有望な技術を調査し、TDKの技術・製品とのコラボレーションを企画推進することです。
議論の場でも、伝えるべき意見があればほかの方を遮ってでも発言する必要があることなど、日本とは異なるビジネス文化に適応していく大切さを感じています。 開設されたばかりの部署のためノウハウの蓄積がない中、英語でのコミュニケーションにまだまだ苦労しつつも、現地法人の方々の強力なサポートに助けられる毎日です。自らの仕事を楽しみながら、よりよいコラボレートが実現できるよう模索を続け、魅力的なTDK製品・サービスづくりへつなげていきたいと思います。

TDK株式会社
技術・知財本部 技術企画グループ
Israel R&D Office
課長
福澤 成敏

Narutoshi Fukuzawa

多様な人々との出会いが、自分自身の成長につながっています。

世界各国のお客様のニーズに合わせたソフトウェア製品のカスタマイズや、お客様の製品とのスムーズな統合や問題解決を支えるのが私の役割です。 入社当初は不慣れな業務に戸惑いもありましたが、新たな技術に触れ、ともに働く仲間から学ぶことの多い環境に刺激を受けています。海外で働く上で重要なのは、自分が慣れ親しんだ「居心地のよいゾーン」を飛び出してみることだと思います。米国カリフォルニア州サンノゼに集まる言語も文化も商習慣も異なる人々に対し、積極的に話しかけてコミュニケーションをとり、信頼関係を育むことは自分自身の成長にもつながります。TDK 行動指針にある「お客様視点」を大切に、世界のお客様のサポートにベストを尽くしたいです。

InvenSense, Inc.
Sensor Systems Business Company
MEMS Sensor Business Group
Sr. Staff Application Engineer
Suma Veerabhadrappa

Suma Veerabhadrappa

一人ひとりが個人として尊重され、安心して働ける環境の整備【TDK株式会社】

人権尊重・機会均等への取り組み ~ダイバーシティ・アクション推進プラン~

TDKは、企業倫理綱領の中で人権の尊重と差別の禁止に関する項目を定めています。 具体的な人権尊重、機会均等への取り組みとしては、従業員への啓発教育の実施、ヘルプライン等の専用相談窓口の設置、育児・介護に関する諸制度(育児休業制度、介護休業制度、短時間勤務制度等)を整備しています。 こうした働きやすい環境の整備や、仕事と生活が両立できる働き方を推進した結果、当社は2014年度に、東京労働局長から次世代育成支援対策推進法に基づく「基準適合一般事業主」としての認定を受け、次世代認定マーク(愛称:くるみん)を取得しました。 また、2016年4月より施行された女性活躍推進法に対しては、

  1. 2020~22年に入社する従業員のうち女性の割合を平均で30%以上にする。
  2. 女性活躍推進に向けた専任部署を設立する。

という2つの目標達成に向けて、取り組みを進めています。
今後も、従業員にとって利用しやすい制度となるように適宜、制度を見直していくとともに、社会動向を見極めながら、従業員のニーズに合った新たな制度の導入を進めていきます。

子育てサポートしています。0000年認定事業主

関連する情報はこちらをご覧ください。

出産・育児支援制度を利用した従業員の声

産休・育休の期間は、家族との時間が増え、子どもの日々の成長や笑顔を毎日見ることができ、とても貴重な時間でした。待機児童問題に直面しつつも、1年4カ月後に職場復帰しました。育児休業を取得する前は復帰後に業務をこなすことができるのか心配でしたが、周りの方々のサポートもあり少しずつ新しい業務に慣れ、ペースを取り戻すことができています。今は、時間の融通が利くフレックス制度を利用していますが、保育園の送り迎えなどでとても助かっています。
子どもが生まれてからは、時間の使い方に気をつけるようになり、出勤したらまず終業時刻から逆算し1日のスケジュールを立てます。限られた時間の中で周りに迷惑をかけずいかに効率よく仕事を進められるかを考えて組み立てています。職場の理解は大きく、とてもよい環境だと感じています。今後は、待機児童問題がなかなか解決しない状況もありますので、育休期間を現在よりも延長できると良いと思います。
私も今、メリハリのある生活で毎日が充実しています。子育てをしながら仕事も充実させたいと考えている他の従業員の方々も、さまざまな制度をうまく活用しつつ、周りのサポートを受けながら仕事と育児を楽しんでいただければと思います。

TDK株式会社
技術・知財本部
材料開発センター 第4開発室
岩本 友美

岩本 友美

私は、2人目の子どもが生まれる半年ほど前に、育児休業取得を決めました。夫婦共働きのため、育休取得が可能な1歳までのうち、後半の半年を私が休んで育児に専念し、妻は職場復帰することにしました。育児にかけられる時間がトータルで増えることや、突然病気になる可能性などいざという時に慌てないために、家事・育児の備えが必要と考えたため前々から計画を立て、準備していました。
初めは慣れない家事と育児の両立ができるか不安はありました。最初の2、3カ月は大変でしたが、徐々にリズムがつかめるようになり、子どもと多くの時間を過ごすことができて非常に有意義でした。上の子どもの保育園が春休みの間、2人の子どもの面倒をみながら合間に家事をこなすのは本当に大変でしたが、おかげで妻が不在になることがあっても大丈夫と、今では自信を持つことができています。職場復帰後はフレックスタイム制を活用して、子どもを保育園に送ってから出勤するようにしています。
職場では取得の半年前に上司に伝え、不在期間中の業務の引き継ぎを行いました。周囲の理解があって育休取得が実現できましたが、期間中上司や同僚、関係部署の負担増など少なからず影響があったと思います。少子高齢化社会における仕事と子育ての両立において、主に労働面でのサポートをロボットやAIなど、技術の進歩で乗り越えられる日が来ればよいと思います。

TDK株式会社
薄膜ウェハーファウンドリー部
ATFオペレーション
プロセス技術Group
WFプロセス開発Team
工程開発Section2
金谷 貴保

金谷 貴保

再雇用制度

定年退職者を再雇用する従来のTDK再雇用制度を改正し、2017年4月から、新たにセカンドキャリア制度として運用を開始しています。この制度は、高齢者の方々が有している知識や経験を、より一層有効活用するとともに、高年齢者雇用安定法の改正への対応という、企業としての社会的責任を果たすことを目的としています。また、国内の関連子会社においても、同様の制度を導入し、定年退職者の再雇用を実施しています。
さらに、2017年10月より「ウェルカムバック制度」を導入し、出産や育児、家族の介護等やむを得ない事情で退職した従業員を再雇用する仕組みを整備しています。

配偶者転勤に伴う働き方の選択

2017年10月より、「配偶者国内転勤同行制度」、「配偶者海外転勤休業制度」を新たに導入しています。これらの制度では、配偶者の転勤に伴い現在の職場で働き続けることが困難になった場合でも、配偶者とともに転勤、あるいは休業を選択することが可能になり、従業員のさまざまなライフイベントに合わせた働き方の選択肢を用意し、TDKで安心して働き続けられることを目的としています。

一人ひとりのポテンシャルを最大限に引き出すための仕組み/人事諸制度【TDK株式会社】

TDKは、従業員一人ひとりが意欲的にキャリア開発を行い、その能力を十分に発揮できるよう、さまざまな制度を整えています。

社内公募制度

人材募集の情報を社内掲示板に掲示し、希望者は上長を通さず、人事部門に直接応募が可能なアクティブ社内公募制度を2000年から導入しています。目的は「TDKグループにおける事業編成の変化や求める人材の変化にタイムリーに対応し、グループ全体での適材適所を促進すること」と「自分自身のキャリア開発に意欲的に取り組む意思と能力のある従業員に、キャリア形成のチャンスを提供すること」です。2020年3月までに221 人が合格し、異動が実現しました。

キャリアオプション制度

2006年1月から、前述の社内公募制度に加え、従業員自らが希望する部門・職務に異動するチャンスを得られるキャリアオプション制度を導入しています。この制度は、従業員に自らのさらなる成長とTDKの発展に貢献したいという強い意欲を持ってもらい、さまざまな角度から自身のキャリアプランを見つめ直す場を提供することを目的としています。

自己申告制度

従業員一人ひとりのキャリア開発、能力開発のサポート、職務と人のベストマッチングを目的として、自己申告制度を実施しています。これは、年1回、自分の希望する職務や勤務地、現職務の満足度等を人事部門へ直接申告することができる制度です。また、面接を希望する従業員には、人事担当が面接を行い、申告内容を直接確認しています。
従業員と人事部門が定期的に対話を行うことで、従業員自身が自己のキャリアについて真剣に考えるとともに、希望する職場への配属や必要とする教育訓練の受講につなげるなど、従業員自身のキャリア形成に役立てています。

事業創造 提案制度

TDKは、東京工業大学電気化学科で発明された「フェライト」を工業化するための「ベンチャー企業」として設立されました。「新しい事業・製品・アイデアを創造して、その実現に向かって果敢に挑戦し、文化産業に貢献すること」は、TDKが継承していくべき理念と考えています。挑戦をサポートする仕組みとして、2015年4月から「事業創造 提案制度」を導入しました。この制度は、TDKの企業価値向上につながる新事業に対して、必要なリソースを提供し、社内ベンチャーの立ち上げを支援するものです。あわせて、事業プランの立案をサポートするための新事業創造研修も開講しました。

Recommendations

  •  
  •  
  •