サステナビリティ | 環境生物多様性への姿勢

豊かな自然、多彩な生態系を守るために

TDKは各種部品の製造のために、原材料として金属やその酸化物を使用しています。これらの原材料は世界各地の鉱山から産出される鉱石等を利用してつくられています。鉱石を採取するための鉱山開発は、景観の破壊だけでなく、森林資源の破壊や水資源の変質、ひいては生態系に悪影響を及ぼす恐れもあります。
事業活動を行う上で原材料等の使用をやめることはできませんが、生態系への影響を少しでも緩和するために、生産効率の改善等による省資源活動を推進するだけでなく、森林資源や水資源の保護等を進めています。
当社は、従業員一人ひとりが、生産活動に伴う環境への影響や企業活動と環境との関わりを考え、豊かな地球環境の保全に努めていくとともに、2018年4月に改定したTDK環境憲章の中で、生態系保全への寄与を常に考え、積極的に取り組むことを明記しています。

電機・電子業界における生物多様性の保全にかかわる行動指針について

TDKは、2015年3月に電機・電子4団体環境戦略連絡会生物多様性ワーキンググループにより策定された「電機・電子業界における生物多様性の保全にかかわる行動指針」(第2版2018年8月発行)に賛同し生物多様性保護活動を進めています。

  • ※一般社団法人日本電機工業会(JEMA: Japan Electrical Manufacturers' Association)
  • ※一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA: Japan Electronics and Information Technology Industries Association)
  • ※一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ: Communications and Information network Association of Japan)
  • ※一般社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会 (JBMIA:Japan Business Machine and Information System Industries Association)

活動事例紹介

TDK秋田 北上工場における絶滅危惧種ミナミメダカの飼育

生物多様性保全活動の一環として、TDK秋田 北上工場では、2016年より環境省のレッドリストで絶滅危惧Ⅱ類に指定されているミナミメダカを飼育しています。
本活動の発端は同地区にあるケミコン岩手株式会社様がビオトープを通じた生物多様性保全活動としてミナミメダカの飼育を始め、そのミナミメダカ約30匹をTDK秋田北上工場が譲り受けたことにあります。
当初は、屋内水槽での飼育でしたが、より多くのメダカを育てようと2017年に屋外に池を整備。現在は600匹以上にまでその数を増やしました。2019年10月には、ケミコン岩手株式会社様の池にメダカの里帰りも果たすなど、この取り組みを通じて、同じ地域の企業や住民との交流の輪が広がっています。

TDK秋田 北上工場における絶滅危惧種ミナミメダカの飼育
TDK秋田 北上工場における絶滅危惧種ミナミメダカの飼育

Recommendations

  •  
  •  
  •