サステナビリティ | 環境環境方針・環境ビジョン

環境方針/TDK環境憲章

TDKでは、グループ全体の環境方針として、「環境基本理念」と「環境方針」からなる「TDK環境憲章」を制定し、持続可能な発展に寄与することを目指しています。これに基づき、具体的な活動の基本計画として、環境ビジョンおよび環境基本計画を策定し、実践に努めています。

TDK環境憲章

この環境憲章は、全世界のTDKグループ各組織に適用する。

環境基本理念

TDKグループは、社会の持続可能な発展のために、地球環境との共生が重要な経営課題の一つと認識し、その実現に向けた行動を、あらゆる事業活動の中で、全員で実行する。

環境方針

TDKグループは、『環境基本理念』に基づき、より健全な地球環境を次世代に継承するために、資源の有限性を認識し、気候変動や生物多様性に配慮した迅速かつ効果的な環境活動を社会に先駆けて実践する。

  1. 環境活動を推進するための体制整備と責任所在の明確化を図るとともに、経営層はこの方針を実現するために必要な経営資源を確保する。
  2. ライフサイクルにおける環境影響に配慮した製品およびサービスの創出と市場への供給を通じて、社会に貢献する。
  3. 製品開発の段階から潜在的な環境影響を評価し、環境に配慮した生産活動を実践する。
  4. 国や地域における環境関連法規はもとより、取引先および顧客との合意事項を順守するとともに、社会のニーズに対応する。
  5. 地域社会とのコミュニケーションを通じ、環境保護ならびに生態系保全への寄与を常に考え、積極的に取り組む。
  6. 環境ビジョンの実現に向け、中長期的な環境目標を設定し、継続的に環境パフォーマンスの改善をする。

1993年3月1日 制定
2018年 4月1日 改定(5版)

TDK株式会社
代表取締役社長
石黒 成直

TDKグループは、TDK環境憲章に基づき「調達」「開発・製造」「輸送」「使用」「廃棄」など製品のライフサイクル全般にわたり、環境負荷低減を進めます。この活動はバリューチェーン全体のサプライヤー、外部製造委託先などの事業パートナー、そしてお客様に影響を及ぼします。また、環境基本理念にある「あらゆる事業活動」には、新規事業への出資に際して実施するデューディリジェンスやM&Aも含まれます。

TDK環境ビジョン2035

TDK環境ビジョン2035

TDK環境ビジョン2035

TDK環境ビジョン2035

自然の循環を乱さない環境負荷での操業を目指す
ライフサイクル的視点でのCO2排出原単位を2035年までに半減
TDK環境ビジョン2035

2035年度までにライフサイクル的視点でのCO2排出量原単位半減を目指す

第三次環境基本計画「TDK環境活動2020」で掲げていたカーボンニュートラルの目標を2014年度に前倒しで達成したTDKグループは、次の環境ビジョン策定に先立ち、2015年に、創業100周年に向けた企業ビジョン「Vision2035」を策定しました。Vision2035では、「かけがえのない地球環境の再生・保護と、豊かで安心できる暮らしの実現」に真正面から取り組むことで、社是「創造によって文化、産業に貢献する」を着実に果たしていくことを掲げています。
2016年には、企業ビジョン「Vision2035」を受けて、2035年におけるTDKのあるべき姿を「自然の循環を乱さない環境負荷で操業すること」と定義づけ、「ライフサイクル的視点でのCO2排出原単位を2035年までに半減」することを掲げた「TDK環境ビジョン2035」を策定しました。この環境ビジョンは、事業活動における環境負荷の最小化と自然環境の育成、お客様と社会に貢献する製品の提供が企業の責務であるとの認識に基づくものです。また、地球規模での温室効果ガス排出源と吸収源の均衡達成による地球温暖化の抑制を目指したCOP21パリ協定にもならい、「あるべき姿」に到達するために行動するTDKの理想でもあります。
TDK環境ビジョン2035で掲げる「ライフサイクル的視点での環境負荷の削減」は、従来のTDK環境活動2020で掲げていた「工場での製造段階や製品の使用段階での環境負荷削減」にとどまらない取り組みです。そのため、TDKグループ全従業員が同じビジョンを共有し、目標を持って取り組むことが重要です。企業ビジョンで掲げる「地球環境の再生・保護」とは、自然循環の中での操業であり、これなくして持続可能な発展はありません。TDKグループのすべてが同じ「あるべき姿」を共有し、自主的に取り組みを進めていきます。

2035年度に向けたCO<sub>2</sub>削減ロードマップ

環境基本計画「TDK環境・安全衛生活動2025」

「TDK環境ビジョン2035」のもとで、新たに2025年までの環境基本計画として策定したのが、「TDK環境・安全衛生活動2025」です。「TDK環境・安全衛生活動2025」の活動項目と目標値は、「TDK環境ビジョン2035」からのバックキャスティングと「TDK環境活動2020」からの継続性およびフォアキャスティングを考慮して決定しています。現時点では、9つの活動項目を設定していますが、将来的には、これらの環境負荷をCO2換算で統合し、「TDK環境ビジョン2035」の理想目標に向けた活動を展開していきます。さらに、安全衛生についても、新たに活動項目と目標を明文化し、安全で健康な職場環境の形成を実現していきます。

環境基本計画「TDK環境・安全衛生活動2025」

製品貢献量算定基準の枠組みづくり

製品によるCO2排出削減貢献量(以下、製品貢献量)の拡大は「TDK環境ビジョン2035」および「TDK環境・安全衛生活動2025」における重要な取り組みの一つです。TDKは、技術的取り組みの成果として当社製品による社会における貢献を訴求するため、以前の中長期計画である「TDK環境活動2020」から製品貢献量を算定・公表してきました。同時に、中間部品である電子部品の貢献についての理解を得るための周知活動と、貢献量実績が適切な評価を受けるためのよりどころとなる、算定手法についての合理性ある業界基準の策定にも取り組み、その成果は業界団体よりガイダンスとして公表されています。
当社では、こうした成果をもとに、「製品貢献量算定ガイドライン」を策定し、製品の開発過程におけるアセスメント要件にも製品貢献の算定を評価項目に加えることで、グループ内での算定業務の普及を促進しています。
2019年度は、電源製品での継続的な高効率化提案が評価され、お客様より表彰も受賞しています。
今後も算定ルールの整備を継続し、グループ内での拡大普及に努めていきます。

Recommendations

  •  
  •  
  •